エンドーデンキ | さいたま市浦和にある家電販売 修理 エアコン LED工事 リフォーム

記事詳細

防犯設備士の試験講習を受けに行ってきました

昨年ビックサイトで開催されていた「情報セキュリティEXPO」を見学に行ったときに日本防犯設備士協会のブースがあり「防犯設備士」という資格の存在を知りました。

 

ラグビーのワールドカップや東京オリンピックを控え、これから日本に来る外国人の方はますます増えればその中には悪さを考えている輩もいるだろうし、何より地域の防犯、安全で住みやすい環境づくりのためにきっと役に立つだろうという想いから受験を決意しました。

 

自分で言うのもなんですが勉強するのは嫌いじゃないんです(笑)。

小・中学校の時は近所の本屋さんの「須原屋」さんに勉強しやすい参考書を探しによく行ったものです。

 

 

2月の1日2日の2日間、場所は新宿。東京都庁に近い会場でした。

 

 

スーツケースを会場に持参している方もいました。きっと遠方から来られたのでしょうね。

講習のスケジュールですが全てをこの2日でやるのではなく、事前に届いたテキストの中の一部を学習して初日の受付時にその部分の回答した用紙を渡すことになっていました。そして1日目と2日目の午前中までは残りのテキストを座学で受けて、2日目の午後に試験を受けるというシステムでした。

 

講習の中には現役警察官の方の講演もありました。警察官の方もこの資格を取得されている方もいるそうです。

 

 

とても分厚いテキストでした。中身は防犯カメラや鍵、防犯ガラスなどの防犯対策製品や実際の店舗やマンションの共用部にどんな対策を立てればよいかということまでかなり中身の濃い内容です。

 

ビックリしたのは金庫にも寿命があるということ!

 

 

見えないかもしれませんが、耐用年数は20年だそうです。一生モノではないのですね!

 

 

睡魔と闘いながらの座学と試験でしたが、いかんせん勉強量が足りず結果は・・・・。

 

約3週間後に結果が郵送で届くそうです。結果はまた報告させて頂きます。何とか「サクラサク」にならないかな?